無理なく借りて計画的に

消費者金融を利用する時にしてはいけないのが無計画な借入れです。どんなに急ぎでお金が必要でも必ず計画を立ててお金を借りることをオススメします。

消費者金融でお金を借りることはけして恐いことではありませんが、あえて言うならば自分の許容範囲以上の無計画に借入れをして返済が長期にわたってしまったり、返済が滞ってしまうことが一番恐いことと言えるでしょう。はじめ簡単に10万円借入れをして、簡単に借りれるからと元金も減らさないまま借り入れを続けて返済が出来なくなるということもありえるのです。

お金を借りたら返すのが借り主の義務です。この義務を果たせない人には今後、消費者金融はもちろんローンの利用が認められなくなる可能性もあります。そのようなことにならないためにも借入れ前から借入れ金額と収入とのバランスを考えた、計画性のある利用することを心掛けましょう。

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

 ◎返済計画について考える

消費者金融では、総量規制で年収の1/3までのお金しか借入れすることが出来ません。この金額は、審査の際に自分が申し出た年収などから判断されます。毎月何万円も趣味やファッションなどにお金をかけている人でも同じです。年収300万円の場合、100万円の借入れが可能なわけですが、毎月の収入からどれだけの支出が自分にあるか知っているのは自分だけです。

その審査判断の金額が借りれるなら上限一杯まで借りようと簡単に考えていたら、自分の身の丈に合わない金額のお金を借りてしまうことになってしまいます。自分が返せる金額を冷静に判断し、あくまで人からお金を借りているという自覚を持って返済計画を立てることが必要です。

参考:キャッシング即日融資

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

◎失敗しない即日キャッシング

即日キャッシングという言葉を聞いたことがないでしょうか?申込みをしたその日のうちに融資が受けられるサービスです。スマホや携帯、PCから365日24時間いつでも簡単に申し込むことが出来ます。

しかし、即日融資を受けるにはいくつかの条件があります。まず必ず守りたいのが消費者金融各社の即日融資可能締め切り時間です。大体の会社が14時頃までに時間を閉め切ります。その時間に間に合わなければ融資は翌日以降となってしまいます。

次に気を付けたいのが審査です。即日融資の審査と言っても特別な審査があるわけではなく通常の融資と同じ審査を受けます。申込み者の属性(年齢/職業/連絡先等)の確認後、信用情報の照会や勤務先の在籍確認などを行います。ですから、勤務している会社が休みの日に申し込んでしまうと在籍確認が取れないため審査が進められず、その日のうちに融資を受けられないということになってしまいます。

最後にその日に必ず融資を受けたいと思っているなら、その希望を伝えて必要書類を揃えたのち、できるだけ早い時間から動きましょう。