作成者別アーカイブ: 茶伊右衛門

消費者金融の融資額ってどれくらい?

消費者金融でキャッシングをする時に、とても気になるポイントが限度額についてです。消費者金融の広告には上限300万や500万円といった金額が記載されていますが、本当にそれだけ貸してくれるとはとても信じられませんよね。

実際、多くの消費者金融では新規契約者にこれだけの金額を貸す事はまずありません。参考までに一般的な収入のサラリーマンですと、ほとんど業者は50万円程度で設定する傾向にあります。

とは言え、なぜ50万円なのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。この疑問にお答えすると、法律上50万円を超える融資を消費者金融が行う際は源泉徴収等の収入の証明を求める必要があるのですが、業界ではこの50万円を境界にして、それ以上の融資に対しては慎重に審査する傾向を有しているからです。50万円以上の融資を希望する場合は、継続した返済実績を作り上げ、お互いの信用を確立した上で増額申請を行う事が一番オーソドックスな方法となっています。

なお、限度額の注意としてもう一点忘れてはならないポイントがあります。それは消費者金融がキャッシングで提供できるお金は、資金需要者の年収の3分の1までという点です。3分の1を超える金額は融資を行う事ができませんから、キャッシング利用時にはご自身の年収も意識すると良いでしょう

消費者金融の失敗しない利用方法

消費者金融では、手軽に現金融資が受けられます。ただ、残念ながら借入れ過ぎて借入金の返済に苦労されている方もおられるようです。便利なものも使い方を間違えると生活を圧迫してしまう場合があります。では、消費者金融を失敗せずに利用し続けるには、どうすればよいのでしょうか。

その答えとなるのが、消費者金融会社などのコマーシャルなどでも目にする文言、“計画的な利用”です。しっかりした返済計画を立てさえすれば、消費者金融の利用に失敗せずに済みます。具体的には、返済までにかかる期間と支払うことになる利息を、借り入れ前に計算するとよいでしょう。

返済計画の立て方はとても簡単。まずご自身の経済状況を考慮して大まかな借入日数を算出します。借入日数を決めたら、次は利息の計算です。消費者金融の利息は、借入金×年利÷365×借り入れ日数で計算できます。たとえば、年利18%で10万円を借り入れる場合なら、10万円×0.18÷365×30という具合です。計算の答えは1,480円。この計算により、10万円を借り入れて一ヶ月後に返済したら、約1,480円の利息を支払うことになるんだな、ということがわかりますね。

このようにして、借り入れの前に返済までにかかる期間と必要になる利息を計算しておけば、無理な借り入れをせずに済みます。近年は利息を計算できるスマートフォンアプリなども消費者金融会社からリリースされているので、上手く活用するとよいでしょう。