カテゴリー別アーカイブ: 未分類

利用しやすいATMを探してみる

キャッシングを利用する時は、借りることばかり考えて返済について考えず、比較サイトなどを見て金利の低さや無利息サービスなどでキャッシング会社を選択してしまう人も多いでしょう。しかし、お金を借りて返済を重ねていくうちにもう少し考えて選べばよかったと思うことがあります。それは、自分が利用するATMです。

どこのATMを利用しようが同じじゃないの?と思う方もいるとは思います。しかし、ATMによって借り入れや返済時のストレスが大きく変わってきます。

まず、誰もが簡単に利用できると思っているのがコンビニ返済ではないでしょうか。しかし、多くの消費者金融ではコンビニATMでの返済の場合、借り入れ時・返済時ともに数百円の手数料が取られます。これは、利用回数が少なかったとしても大きいものです。

ではATM手数料を取られないようにするにはどうするかというと、各社の店舗ATMを利用することです。アコムを利用しているならアコムの店舗のATMを利用するということです。ただ、これにはリスクがあります。アコムの店舗に出入りするところを誰かに見られるかもしれないということです。

ただ、出来れば無料でATMを利用してみたいですよね。そんな時にはGoogle Mapで店舗検索をして周りに何があるのか見てみるのもいいかもしれません。自分が知っているところでは、京都の四条大宮にあるアコムです。ここは、1階に定食屋があるので定食屋に入っていくフリをしながら3階の店舗に上がることが出来ます。このように自分の近所で通いやすい店舗を探してみてはどうでしょうか。

 

知っておくべきキャッシングの落とし穴とは

銀行カードローンも増え、CMにも親しみやすい芸能人を使うなどして、キャッシング会社のイメージは著しく向上しています。それ自体は救われている人もたくさんいるので、悪いことではないのですが、即日融資に無利息サービスの言葉につられ、気軽にお金借りることができるので、軽い気持ちでキャッシングをしてトラブルに陥っている人もいます。

同じ5万円を借りるでも、子供の制服購入費のために借りるのと、新作のブランド物の鞄を買うために借りるのとでは意味が違います。キャッシング会社からお金を借りる場合は、よくよく考えて、どう考えても必要な時だけ借りるようにしましょう。そして、一番大切なことは、例え前者のようなケースであっても、返済期日までに返せる見込みがある時にだけ、借りるということです。返せる見込みがないお金を借りたら、後が地獄です。

また、過払い金の請求などという言葉を耳にしますが、たくさんお金を借りて利子を払ったとしても、後で過払い金の申請をすれば返ってくるから大丈夫などと思っていませんか。過払い金は言葉通り、払い過ぎた分が返ってくるシステムであって、借金がチャラになるシステムではありません。大手のキャッシング会社は法定利息内でお金を貸しています。その範囲内なら利息分としていくらたくさん払っても、過払い金は発生しません。勘違いしないようにしましょう。

借りたお金を上手に返すコツとは!?

緊急時にどうしてもお金が必要な時は、お金借りる条件さえ整っていれば、誰もがすぐ借り入れする事だけを考えて返済のことまで頭が回っていない事が多いでしょう。

そして悩まされるのが「借金がなかなか減らない。早く解放されたい…。」ということ。そんなお悩みを持つ方へ。借金を最短距離で返済し、金銭的、精神的にも早く楽になりましょう。

返済のコツと言っても誰にでもできる基本的な見直しです。現状を把握し、適切に管理することが効率的な借金返済への第一歩であり、地道ながらも最も効果的な手段といえます。

・収入を上げる
「それができれば苦労しない」と言われるかと思います。しかし、よく考えてみてください。隙間時間を捻出できませんか?時間を作ることができれば、残業をする、アルバイトをする、内職をするなどして現金を稼ぐことができます。収入の増加は微々たる額かもしれませんが、継続することでの積み重ねは馬鹿にできません。

・支出を減らす
毎日の出費を帳簿につける習慣がない方は、記録をつけてください。そうすることで、金銭感覚が養われ、節約できる領域を見出すことができます。家賃、自動車関係費用、保険料、通信費など、月々、または年に一度の支払いをしている項目は、特に大きな節約領域を持っています。現在利用しているサービスよりも安いものがないか、徹底的に調査してみましょう。

・金利を低くする
借金返済の際に私たちを苦しめるのが、金利です。長期間返済に困っている方などは、低金利への借り換えるなど、おまとめローンを利用して金利を抑えましょう。特に複数の業者から借金をしている場合には、おまとめローンの利をおすすめします。借金を一本化し、返済日を月に1度にすることで、金銭管理がしやすくなりますし、精神的にも楽になります。

今回お伝えした、収入を上げる、支出を抑える、金利を低くする、の3点は基本的ながらも見落としの多い項目です。もう一度しっかりと見直し、効率よく借金を返済していきましょう。

ヤミ金の相談ができる相談窓口

ヤミ金は、ヤミ金と言われる通り、闇の金融です。だから、表で活動することは出来ません。中国のように、シャドーバンキングがはびこっていない日本では、普通、利用する機会がありません。

通常、お金を借りたい人は、銀行からお金を借ります。銀行も商売ですから、信用がある人か担保のある人にしかお金を貸しません。ですから、そこでお金を借りられない人は、他でお金を借りることになります。

次に考えるのが、消費者金融でのキャッシングです。これらは、銀行に比べて審査基準が厳しくないのですが、そのかわり返済金利が高いです。しかし、多重債務者等は、ここでもお金を借りることが出来ません。

そういう人達が、困った末に行き着くのが、ヤミ金です。はっきり言って、ヤミ金に手を出すのであれば、自己破産が出来るレベルの危なさです。ヤミ金と知っていてお金を借りる人もいるとは思いますが、あまりにも高利な金利であるため、返しても返しても元本が減らず、それで悩む人も多いです。

また、口で言っていたのと違い、法外な金利の契約書を結ぶ場合もあります。そこで騙されたと気付く人も多いはずです。そもそも法律の上限を超える18%の金利で契約を結ぶことも請求することも認められません。この事実が発覚したのであれば、それを返済させることも法的に可能です。このため、ヤミ金に騙されたと気付いた場合は、すぐに法律事務所に相談することをお薦めします。または、各自治体で開催される無料法律相談で相談してみましょう。

おかしいなと思ったら、まずは相談してみましょう⇒日本司法書士会連合会

キャッシング手続きに必要なもの

キャッシングをするにあたって必要なものを挙げていきます。インターネットで行う場合と無人契約機でする場合には若干異なることもあるかもしれませんが、私自身の経験をお伝えします。

まず、インターネットにて申し込みをした場合です。インターネットで必要なことを記入していきます。そこから、審査があり本契約になります。その際に必要なものは、免許証と所得額証明書になります。インターネットで申し込みをして、電話で連絡を取ります。実際に契約をするときに、免許証または保険証、公共料金の支払い伝票など、自分自身を証明できる書類が必要になります。

また、所得額証明書、もしくは2月分の給与明細が必要です。インターネットで申し込む場合には、携帯のカメラなどで撮影し、それをアップロードして完了となります。カードなどを利用する場合には、インターネットで申し込みをして、無人契約機で先ほど述べた書類が必要になります。

無人契約機のみで契約する場合には、免許証、給与明細もしくは所得額証明書を持っていけば大丈夫です。印鑑は必要ありませんでした。所要時間は、30分から1時間ぐらいだったと思います。無人契約機といっても、サポートセンターのようなところをつながり、その会社の方と話をしながらの契約になります。筆記用具などもそこにありますので準備をしなくても大丈夫です。

まわりにバレない様にキャッシングを利用する方法

キャッシングをしたいけれどもそれがまわりにバレたくないという場合には、インターネットのサイト上から申込む、WEB申込みで契約の手続きを行うといいでしょう。WEB契約だと本人確認などをするときもネット上のみで写真などをやりとりすればよいので、周りに知られることもありません。

またキャッシングをするためのローンカードの受け取りに関しても、郵送での形ではなく自動契約機まで足を運んで直接現物を自分一人で取りに行くと良いでしょう。(自動契約機に関しては、大体駅にあったりします。)ちなみにWEB契約を済ませてから何もせずにいると、自宅に郵送されてくるので注意が必要です。

更に気を付けておきたいのが、利用時における利用明細についてです。利用明細は郵送ではなく、郵送が届かないWEB明細にしておけば家族などにもバレる可能性がほとんどなくなるので、利用明細に関してはWEB明細にしておくと良いです。

その他手続き以外で言える事は、とにかく返済を遅らせないないにすることです。返済が遅れてしまった場合で、本人の携帯などに電話がつながらないとなると、今度は職場や自宅の固定電話へ返金の催促の電話がかかってきます。こうなると確実にバレるので、借りる際は計画的に借入していきたいところです。

審査に有利か不利かははっきり分かれる

消費者金融の審査においては、どんなケースが有利か不利かははっきり分かれます。たとえば既に他社から借り入れがあるケースで考えると、今も返済中の人は間違いなく審査には不利です。しかし無事故で無事に完済した人なら、それは審査には有利に働きます。同様に金融事故について考えると、借り入れ経験が豊富でも事故経験者は審査には不利であり、未経験者は逆に有利です。それ以外にも、年収は高いと審査には有利で低いと不利ですし、勤続年数や住居年数も長いと有利で短いと不利になります。

このように、何か一つの事柄を中心にして審査に有利か不利かを考えると、多くの場合、どちらになるかは明確に分けることができます。上記以外でも、たとえば勤務先の企業規模、会社での役職、自宅は持ち家か賃貸か、正社員か契約社員か、公共料金の支払いに滞納はあるのか無いのかなど、その他、様々なケースにおいても同様です。

いずれにしても、様々な事柄において審査に有利になることが多いと、必然的に審査に通る可能性は高くなります。そして不利が多ければ、その逆の結果となるのです。また、少し難しい言い方をすると、属性の高い人ほど審査には有利ですし、低い人ほど不利です。属性というのは、その人の個人情報の中で経済力や信用力に関係している情報のことです。それは正に、上記の年収や企業規模、その他の事柄のことです。消費者金融の審査を受ける場合、自分の立場は有利なのか不利なのかを考えて借り入れしないといけません。

消費者金融は取り立てがあるって本当?

消費者金融を利用しようとする時に頭によぎるのが、怖い人たちの取り立てではないでしょうか?期間内に返済すれば大丈夫だろうけど、もし延滞してしまったらどうなるのでしょうか。

消費者金融の返済をできなかった場合に、業者から返済の催促電話が自宅や職場にまでかかってくる。電話では怒鳴り声を上げる。自宅にまで来て近所迷惑もかまわず、大声で催促の怒鳴り声を上げる。時には強制的に連れて行かれるなど。それはそれは恐ろしいイメージがあるかもしれません。

でも、これ映画の中だけの話ではなくてかつては実際にあった話なのです。今ではこのような取り立ててというとヤミ金ぐらいですが、かつては大手の金融業者でも取り立てが行われました。ただ、貸金業法の改正により取り立ては優しいものに変わり、今では怖い取り立てはまずないと言ってもかまいません。ただし、大手ではなくて中小の消費者金融業者は法を破る所もあるようです。

では、今の取り立ては多くの場合はどのように行われるのでしょう。その手順は返済が遅れている事を業者が確認すると翌日から1週間ほどは借入した場所から電話が来ます。まずはあなた自身にかけてきて、場合によっては職場に連絡が入る事もあります。

もし、それをあなたが無視した時には今度は電話ではなくて請求書が届きます。これすらも取り合わずにいるとついには、自宅や会社に訪問に来ます。当たり前の事ですが、簡単に借りる事が出来る消費者金融でも立派な借金です。必ず返していく事が信用を勝ち取る事に繋がります。消費者金融での借入れは返せるめどが立つ時に利用しましょう。計画性が無いと返済できずに借金まみれの人生に落ち込む可能性があります。

消費者金融の即日キャッシングへのお申込み方法

消費者金融から即日キャッシングをご利用するには、インターネットでお申込みするのが一番手っ取り早いです。24時間パソコンやケータイ、スマホでいつでもお申し込みが可能です。

お申し込み後に仮審査と本審査の2つの審査を受けることが必要です。仮審査はお申込フォームで入力された属性にスコアリングを付けてその内容によって結果を出しています。コンピューターが自動的にスコアリングを付けているため仮審査結果は画面上にすぐに出ます。仮審査合格後に本審査が行われます。

本審査は仮審査より詳細な審査、勤務先への在籍確認、信用情報の参照などを行っています。コンピューターでは出来ないので担当者が行っています。運転免許証や各種健康保険証、パスポートなど本人確認書類の提出はメールやFAX、スマホアプリなどで提出が出来ます。

本審査に合格したら消費者金融と契約します。インターネットでそのまま契約できますので来店は不要です。契約が済み次第すぐに金融機関の口座に振込されます。後日カードが郵送されますので、自宅の部屋から一歩も出ずに手続き終了させることが可能です。大手の消費者金融では自動契約機も設置しているため、現金を即日手にしたいときはお近くの自動契約機へ来店してカードを受け取るといいでしょう。

消費者金融でよく聞く総量規制とは

消費者金融というのは初めて借りる人にとっては不安なことや分からない言葉などが沢山有ると思いますが、その中でも消費者金融サイトでよく聞く「総量規制」という言葉について説明していきたいと思います。

総量規制の基本的な内容についてですが、これは個人の消費者金融の借り入れ限度額が年収の1/3までとなるように制限された制度というものです。この制限ですが、国が定めた理由としては個人の過度な借り入れによる金融トラブルを防ぐのが目的であり、以前は闇金や高金利によるトラブルが相次いだために2010年に改定されました。

その結果としてまず有名なアコムやプロミスなどの消費者金融ではこの総量規制が適応されるので、借り入れ限度額は年収の1/3までとなります。またこの年収の1/3以下までの借り入れは、複数の借入れをしているの合計金額にも適応されるので、新たに借りようとしても合計金額によっては借り入れを拒否されることもあります。

しかし総量規制に関しては例外が認められており、それは銀行系のローンとおまとめローンです。この2つに関しては総量規制対象外となっていることが多く、年収の1/3以上の借り入れも常識的な範囲ですが認められるようになっています。このように消費者金融を初めて使う方には、この総量規制というものを覚えておくといいでしょう。