消費者金融でよく聞く総量規制とは

消費者金融というのは初めて借りる人にとっては不安なことや分からない言葉などが沢山有ると思いますが、その中でも消費者金融サイトでよく聞く「総量規制」という言葉について説明していきたいと思います。

総量規制の基本的な内容についてですが、これは個人の消費者金融の借り入れ限度額が年収の1/3までとなるように制限された制度というものです。この制限ですが、国が定めた理由としては個人の過度な借り入れによる金融トラブルを防ぐのが目的であり、以前は闇金や高金利によるトラブルが相次いだために2010年に改定されました。

その結果としてまず有名なアコムやプロミスなどの消費者金融ではこの総量規制が適応されるので、借り入れ限度額は年収の1/3までとなります。またこの年収の1/3以下までの借り入れは、複数の借入れをしているの合計金額にも適応されるので、新たに借りようとしても合計金額によっては借り入れを拒否されることもあります。

しかし総量規制に関しては例外が認められており、それは銀行系のローンとおまとめローンです。この2つに関しては総量規制対象外となっていることが多く、年収の1/3以上の借り入れも常識的な範囲ですが認められるようになっています。このように消費者金融を初めて使う方には、この総量規制というものを覚えておくといいでしょう。