消費者金融は取り立てがあるって本当?

消費者金融を利用しようとする時に頭によぎるのが、怖い人たちの取り立てではないでしょうか?期間内に返済すれば大丈夫だろうけど、もし延滞してしまったらどうなるのでしょうか。

消費者金融の返済をできなかった場合に、業者から返済の催促電話が自宅や職場にまでかかってくる。電話では怒鳴り声を上げる。自宅にまで来て近所迷惑もかまわず、大声で催促の怒鳴り声を上げる。時には強制的に連れて行かれるなど。それはそれは恐ろしいイメージがあるかもしれません。

でも、これ映画の中だけの話ではなくてかつては実際にあった話なのです。今ではこのような取り立ててというとヤミ金ぐらいですが、かつては大手の金融業者でも取り立てが行われました。ただ、貸金業法の改正により取り立ては優しいものに変わり、今では怖い取り立てはまずないと言ってもかまいません。ただし、大手ではなくて中小の消費者金融業者は法を破る所もあるようです。

では、今の取り立ては多くの場合はどのように行われるのでしょう。その手順は返済が遅れている事を業者が確認すると翌日から1週間ほどは借入した場所から電話が来ます。まずはあなた自身にかけてきて、場合によっては職場に連絡が入る事もあります。

もし、それをあなたが無視した時には今度は電話ではなくて請求書が届きます。これすらも取り合わずにいるとついには、自宅や会社に訪問に来ます。当たり前の事ですが、簡単に借りる事が出来る消費者金融でも立派な借金です。必ず返していく事が信用を勝ち取る事に繋がります。消費者金融での借入れは返せるめどが立つ時に利用しましょう。計画性が無いと返済できずに借金まみれの人生に落ち込む可能性があります。