審査に有利か不利かははっきり分かれる

消費者金融の審査においては、どんなケースが有利か不利かははっきり分かれます。たとえば既に他社から借り入れがあるケースで考えると、今も返済中の人は間違いなく審査には不利です。しかし無事故で無事に完済した人なら、それは審査には有利に働きます。同様に金融事故について考えると、借り入れ経験が豊富でも事故経験者は審査には不利であり、未経験者は逆に有利です。それ以外にも、年収は高いと審査には有利で低いと不利ですし、勤続年数や住居年数も長いと有利で短いと不利になります。

このように、何か一つの事柄を中心にして審査に有利か不利かを考えると、多くの場合、どちらになるかは明確に分けることができます。上記以外でも、たとえば勤務先の企業規模、会社での役職、自宅は持ち家か賃貸か、正社員か契約社員か、公共料金の支払いに滞納はあるのか無いのかなど、その他、様々なケースにおいても同様です。

いずれにしても、様々な事柄において審査に有利になることが多いと、必然的に審査に通る可能性は高くなります。そして不利が多ければ、その逆の結果となるのです。また、少し難しい言い方をすると、属性の高い人ほど審査には有利ですし、低い人ほど不利です。属性というのは、その人の個人情報の中で経済力や信用力に関係している情報のことです。それは正に、上記の年収や企業規模、その他の事柄のことです。消費者金融の審査を受ける場合、自分の立場は有利なのか不利なのかを考えて借り入れしないといけません。